読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~Travel in Indochine~

インドシナ旅行の現地情報発信局

クメール文化を捨てたタイ族のラムカムヘン大王

インドシナ史

f:id:saratravel:20161005111334j:plain

 

タイのスコータイは、クメール王朝に反旗を翻し史上初のタイ民族王国が誕生した地です。
転機は第3代国王ラムカムヘンが上座部を導入したことです。上座部仏教はインドシナ半島では同時代のバガンで隆盛を極め、復興して発信国になっていたスリランカとともにヒンドゥー教と並んで東南アジアで勢いのある宗教となっていました。
ところがバガン王朝がモンゴル帝国の攻撃を受け崩壊、上座部大国が瓦解したことで小さな島国のスリランカだけが上座部国となりつつありました。
ここでスコータイのラムカムヘン国王は突如上座部を国教と定め、スリランカと交易を開始するのです。

 

f:id:saratravel:20161005111439j:plain

 

まあ改宗するといっても、昔の日本でいう「宗旨替え」程度の認識だったのかもしれませんが、それにしてもいきなりクメール色がなくなっていきます。スコータイの博物館は観光地の規模としては展示物が豊富で秀逸ですが、やはり13世紀から14世紀にかけて突然上座部仏教一色になっていきます。
これを見るとスリランカから教義や文化の移入が起こったことが分かりますが、バガンが崩壊したことと無縁ではないのだと感じます。

 

f:id:saratravel:20161005111710j:plain

クメール文化を色濃く残すワット・シーサイ寺院。このあとスコータイは突然上座部文化に転換する。

 

f:id:saratravel:20161005111512j:plain

 

ところでスコータイ王朝ですが、もともとクメール王朝の一領主だった一族が独立して王朝を建国しました。この地域はかつてはタイ族とモン族のラヴォ王国があったところでクメール王朝からすると外様だったということになります。

13世紀は強大なクメール王国の勢いが衰え、縮小化がはじまる時期にもあたり、その過程で地方を中心に反乱が起こるのは時代の流れだったのでしょう。
さらには、多民族地域であるインドシナ半島を世俗的なヒンドゥー教で支配しようとする限界点に達していたと見るべきなのかもしれません。
いずれにしても、スコータイ王朝のクメール脱却は、7世紀のボロブドゥールからはじまるヒンドゥー教の東南アジアでの隆盛が終わりにさしかかる転換点となるのでした。

 

f:id:saratravel:20161005111657j:plain

f:id:saratravel:20161005111708j:plain

 

2017年3月シェムリアップにコートヤードマリオットが開業!

ホテル・カンボジア

こんにちは。

ずっと前からニュースにはなっていましたが、忘れられた開業予定になっていました。去年通りがかったらマリオットマークが出ていたので、ああ動いてたのかと初めて知りましたが、それにしても場所が悪いですね。。

 

f:id:saratravel:20160924092638j:plain

 

ようやくマリオットのサイトにページができて客室画像も掲載されてますが、名称がコートヤード・シェムリアップ・リゾートなのに、やはり他国の例にもれずビジネススタイルのようです。なんか少し狭そうな感じもしますし…。

ちなみに昨日SPGとMARRIOTT(リッツカールトンも)のメンバーシップ統合が発表されましたので、メンバーの方にはいいかもしれませんね。シェムリアップではル・メリディアンと同系ということになります。

それから旧サリナホテルの跡地に建設中の白いホテルの契約者がヒルトンになっているという噂を聞きましたが、本当だったらすごいです。

軒並み5つ星ホテルが出尽くしたと思われていたシェムリアップですが、まだまだ伸びしろはあると見込まれているのかもしれません。楽しみです。

Courtyard Siem Reap Resort

60-09 Road No 6A, Phum Chongkoesu, Khum Slor Kr, Siem Reap

Phone: +855 63 968888 Fax: +855 63 961000

 

www.marriott.com

2020年プノンペンにハイアットリージェンシーが開業予定!

ホテル・カンボジア

ハイアットホテルグループは、カンボジアの首都プノンペンに2020年シェムリアップのパークハイアットに続き同グループ2軒目となるハイアットリージェンシーを新規オープンさせると発表しました。

予定されている客室は250室で、完成すれば2019年に開業予定となっているホテルオークラとともにプノンペンの重要な5つ星ホテルになると期待されます。

 

f:id:saratravel:20160923145044j:plain

エアアジアがシェムリアップ=プーケットに直行便を就航!

エアライン

タイ・エアアジアが11月7日からシェムリアップとプーケット間の直行便を就航すると発表しました。

 

f:id:saratravel:20160922110018p:plain

 

フライト時刻は以下の通りです。

FD630 HKT-REP 0620/0745
FD631 REP-HKT 0840/1005
※HKT:プーケット / REP:シェムリアップ

東南アジアきっての観光地であるシェムリアップと、大リゾート地であるプーケット間を結ぶ直行便というのはこれまでなく、今後アジア観光の流れを変えてもおかしくない画期的な1フライトとなりそうですね。

非常に楽しみです。

http://www.airasia.com/th/en/home.page

タイのスパブランド・パンピューリの石鹸でおやじ臭が消える(笑)

おみやげ情報

こんにちは。

最近女子旅をプロデュースしまして(笑)、スパブランドなんかを漁っているわけですが、先日バンコクに行きまして日本でも人気がでてきているパンピューリを試しに買ってみました。

f:id:saratravel:20160921114056j:plain

 

買ったのは、このシャンプーとソープ、シャワージェルをプレゼントと言いつつ(笑)買ってみたのですが、すごいのはソープとシャワージェルです。

 

f:id:saratravel:20160921114223j:plain

なんと、これを使ってて加齢臭(若干若めですが!?)が消えました…。

ほんとですよ。

基本ほぼ常夏のインドシナにしかいませんので、仕事を終えて帰宅すると当然汗をかいてるじゃないですか。

今までいろんな石鹸を試してみて消えたことがなかったその汗くささが残らなくなりました。これにはびっくりです。

まあ美肌を求めてるわけではないので、ずっと使い続けることはありませんが、

パンピューリおそるべしです。

日本でも売っているようですので、男子も一度試されるといいかもしれませんね。バンコクではゲイソンプラザの地下にブティックショップがあって、そこで買ったのですが、スワンナブーム空港のABCD方面のコスメショップにもパンピューリコーナーがありました。石鹸は525バーツでした。うーん、やっぱり高い。。

 

※ちなみに例によって、宣伝でもなければわたしの会社で扱ってるわけでもありません(笑)。

 

 

ブログ開設

こんにちは。

カンボジア・シェムリアップに拠点を置く旅行会社サラトラベルです。

新しいスタイルで個人旅行をご提案していますが、これからお客さんの利便性を追求してアグレッシブにまい進していきたいと思っております。

ただまあ、このブログで商品のご案内をすることはほとんどないと思いますが(笑)。

どうぞお見知りおきくださいますようお願いいたします。

 

サラトラベルアンコール